FINE MAGAZINE 服に関わる人たちがより豊かになれるファインマガジン

アパレル業界の在庫回転率と在庫管理の難しさ

2017.12.21

アパレル業界の在庫回転率

在庫回転率とは?

小売・販売業界ではよく聞く在庫回転率。商品回転率とも呼ばれます。在庫が一定期間内(一般的には1年)にどれくらいの早さで販売されたかを計る指標です。

▶在庫回転率が高い……商品が良く売れ、在庫がうまく回っている状態
▶在庫回転率が低い……商品の売れ行きが良くなく、在庫を抱えている状態
▼在庫回転率計算式
在庫回転率=1年の売上高÷平均商品在庫高

大手ファストファッションの在庫回転率はどのくらい?

大手ファストファッションブランドは、企画・製造から店舗販売までを一貫して自社で行うSPAを採用し、在庫回転率は平均して年10~11回転と言われています。1カ月に1回すべての在庫が入れ替わっている計算で、アパレル業界内では非常に高い在庫回転率です。

リードタイムを軽減させ、消費者のニーズをいち早く企画化・商品化する。ファストファッションブランドの大きな強みです。しかし、売れ行きが悪くなってしまうと、大量の在庫を自社で丸ごと抱えることになってしまうリスクはあります。

アパレル在庫の流れ

小売・販売業においては、いかに在庫回転率を上げるかというのは課題のひとつです。

中でもアパレルは、トレンドが過ぎてしまうと商品価値が低下してしまうため、在庫回転率を把握し、適切に在庫コントロールすることが重要です。

アパレル製品のライフサイクルは短く、1シーズン・早ければおおよそ3カ月の場合もあります。アパレルは、「食品と同じで鮮度が命」だと耳にすることもあるのではないでしょうか。

シーズン内に販売が難しくなってしまった商品はキャリー品となります。その後、店内セールやファミリーセール、アウトレットなどと場所を変えて販売されますが、それでも売れない商品(不良在庫)は少なからず出てしまいます。

このような在庫を抱えないためにも、在庫回転率を把握し、適切な在庫コントロールが必要とされます。在庫管理=在庫回転率の把握とも言えるのではないでしょうか。

イメージ

アパレル在庫管理の難しさ

在庫を抱えないこと=在庫管理ではない

在庫回転率だけを把握し、在庫を抱えないようにすることが理想的な在庫管理だとは限りません。

理想的な在庫管理とは、在庫回転率を把握することで、店頭の品揃え不足を回避し、機会損失(チャンスロス)減らします。さらに、適切な在庫コントロールで最終的に売れ残ってしまう商品(不良在庫)をなるべく減らすことです。

アパレル業界に限ったことではありませんが、在庫管理は重要な課題かつ永遠のテーマではないでしょうか。

残ってしまった商品(不良在庫)はどうするか

在庫の問題として、残ってしまった商品(不良在庫)をどうするかという問題もあります。

廃棄をやむを得ず行う場合はコストがかかります。在庫処分のため、在庫処分業者(バッタ屋とも言われます)に在庫買取を依頼する方法もありますが、適切な再販対応をされなかった場合のブランド価値毀損が懸念されます。

Rename (リネーム)という新しい再販方法

イメージ在庫処分の問題でお悩みの方は是非、FINE(ファイン)【Rename (リネーム)】サービスをご検討ください。

商品のタグを付け替え、新たなブランドとしてお客様へ再販しています。商品の廃棄や不適切な再販によるブランド価値の毀損を回避できます。これまでの在庫買取や在庫処分とは違う、新しい在庫の再流通(再販)のしくみです。

Renameページはこちら

リネームやアウトレットアパレル事業に興味をお持ちの方、
その他お見積り、ご質問などございましたらまずはお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせCONTACT

リネームやアウトレットアパレル事業に興味をお持ちの方、
その他お見積り、ご質問などございましたらまずはお気軽にご相談くださいませ。