RENAME

服に関わる人たちがより豊かになれる、
新しいアパレル再販のしくみ

アパレル製品の国内供給数*は年間40億点。毎年大量の服が世の中に流通されている一方で、
年間約100万トン(想定で約30億点以上)のアパレル製品が廃棄されています。
その中には、数回しか着用されていないものや、
人の手に渡ることなく未使用のまま廃棄されているものも含まれていると考えられます。

※2016年経済産業省の調査による

「アパレルのトレンドは早く、在庫が残りやすい」
「大幅な値下げ販売は、ブランド価値を低下させてしまう」
そのため、売れ残ったものは廃棄するというケースは少なくありません。
再販によるブランド毀損に懸念があるからです。
FINEはこれまでアパレルメーカー様やブランド様などの
在庫の再販を支援することで、在庫に対する問題解決を行ってきました。
そうした活動の中で、
人の手に届かず、そのまま廃棄されてしまう服が
世の中にたくさんあるということを知りました。

そうしたアパレルの廃棄を減らしたい。
ブランド価値を守りながら、より多くの人たちへ服を届け、
「服が持つ本来の価値と作り手の想い」を伝えたい。
そのような考えから、

Renameは生まれました。

社会課題となっている"アパレルの廃棄"。
サステナビリティ(持続可能性)の実現が求められている中、
その解決に向けた取り組みは当然ながら求められます。
Renameはその解決策のひとつです。
廃棄しない、ブランド毀損する転売でもない、新しいアパレル再販のしくみです。

リネーム

Renameの特徴

アパレル加工工場でブランドタグや洗濯表示タグの付け替え加工を行い、
ブランド名表示を変更して再販します。
元のブランド名を表示しないため、ブランド毀損を防いだ再販が実現します。

RENAME

Renameの役割、未来への可能性

服を作る人(メーカー・ブランド、つくり手)にとってのRename

ブランドの価値を守った再販によって、在庫問題を解決し、廃棄を減らす。そして、Renameされた服によって、より多くの人たちへ「服が持つ本来の価値と作り手の想い」を伝える。それは、サステナビリティへの貢献。そして、アパレルメーカー様やブランド様が在庫問題ではなく、新しいモノづくりに取り組めると考えています。

服を着る人(消費者)にとってのRename

元のブランドの時には出会えなかった人にも、ブランドイメージが先行しない服との新たな出会いを提供します。それは、ブランドネームではない「服本来の価値を感じてもらうこと」になると考えています。そして、アパレル廃棄の問題解決にも貢献できる、エコでお値打ちなショッピング体験を。Renameは、"服の新しい売り方"でもあります。Renameされた服を着ることが「世の中にとって良いこと」。そうなることを目指しています。

Renameを通じて社会と企業の問題を解決し、ファッションのサステナビリティに貢献。
そして、服をつくる人と服を着る人、服に関わる人たちがより豊かに。

Renameイメージ図

服に関わる人たちがより豊かに

Rename

「Rename」は株式会社FINEの登録商標です。
(登録第5993600号)

お問い合わせCONTACT

リネームやアウトレットでの再販に興味をお持ちの方、
お見積りやご質問などございましたら、お気軽にご相談くださいませ。